タスマニア産食品・飲料製品のご案内

美しい南洋に面する島々から成るタスマニアは、高品質で安全な食品の産地としてよく知られています。世界的なトップシェフ和久田哲也さんは、「タスマニアはオーガニックを超えるものだと考えている」と述べています。

タスマニア州の総面積68,300 km2(北海道の80%以上)のうち、4分の1以上が食品の生産に充てられています。3,200 kmもある海岸線は漁業や養殖に適しており、新鮮な魚介類の宝庫です。

2014年にオーストラリア政府と日本政府が合意した貿易協定により、タスマニア産肉類とそのほかの製品の価格が低下

いつでも季節の食材を

温暖なタスマニアは、季節外れの生鮮食品を日本に提供するにはまさに理想的な位置にあります。日本が冬を迎えているとき、タスマニアは夏なのです。この時期には農作物の収穫がピークを迎え、輸出の準備が進められています。

灌漑

近年行われた大規模な灌漑プロジェクトは、タスマニアの農地を増やすことに成功しました。干ばつから農地を保護する新しいインフラ設備が整備され、乾燥地域でも様々な農業の可能性が広がっています。

「自然の風味にこだわる美食家には、まさに楽園でした」

世界的に有名なシェフ、和久田哲也ー1990年の初めてのタスマニア訪問について。

理想的な気候と土壌

タスマニアは農業に適した温暖な気候に恵まれており、世界で最も肥沃な土壌を抱える場所の1つだと言われています。古くから農業が盛んな地域では雨量も豊富です。

遺伝子組み換え作物のリスクがゼロ

タスマニア州政府は、遺伝子組み換え作物の商業用栽培を禁止する、最低5年間の一時停止措置をとっています。家畜の生育を促すホルモンや抗生物質は使われていません。健康志向が強い日本の消費者にも安心です。

世界で唯一のバイオセキュリティ

環境汚染の進行に伴い食の安全に対する関心が高まる中、タスマニアのきれいな空気と豊富な水資源、そのほかの地域で見られる害虫や病気が存在しないことなどに注目が集まってきています。タスマニア州には、チチュウカイミバエが1匹もいないことが正式に確認されています。ヨーロッパのベリー生産者の中には、この「世界で唯一のバイオセキュリティ」の魅力に惹かれ、タスマニアでの投資に力を入れているところもあります。

農薬の使用は最小限

他の地域では作物に繰り返し浴びせられる農薬も、タスマニアではほとんど使う必要がありません。だからタスマニアでは、より自然な状態に近い、安全な食材が採れるのです。

最新技術

タスマニアの農家は、生産方法やパッケージ、マーケティングの先端を担うことに誇りを持っています。主な革新技術はタスマニア農業研究所や民間の専門家によってサポートされています。

デジタル農場データ

Sense-T は、センサーが収集したリアルタイムデータを地理データや過去のデータと合わせ、タスマニア州全体の環境を把握するデジタルデータを生成します。データ収集には、ミツバチの背に取り付ける超小型「バックパック」センサーなども活躍しています。これまでになかった新しい技術の導入により、タスマニアでの農場管理が大きく変わろうとしています。

豊かな風味と安全性

タスマニア産のグルメ食材はどれも、風味の豊かな、安全な食品飲料ばかりです。

Food and Beverage Tasmania brochure

カタログのダウンロード

カタログは郵送でもお届けしております。お問い合わせください。

食品のバラエティ さらに詳しく見る

タスマニアの農家は新しい農作物の栽培に積極的です。養殖業でも新種の研究や市場の需要の変化に応える努力が続けられており、食品の種類はますます多様化しています。また、新しい農作物に付加価値を与えるための工夫もされています。世界レベルの品質を誇る食材は創造力豊かで情熱にあふれた有名シェフを惹きつけ、ユニークなタスマニア料理を作るコラボレーションも実現しています。テイスト・オブ・タスマニアフェスティベール などのフードイベントには、オーストラリア国内だけでなく、世界各国のグルメ好きが集まり、独特の食文化が発展しています。

ほぼ放牧によって育てられた和牛アンガス牛などの品種による、柔らかくて質の良い牛肉が生産されています。また、ラム肉シカ肉ワラビー豚肉なども味がよく安心です。価格よりも品質が重視される、世界のニッチ市場で販売されています。グルメ食材のお店では高級肉製品や、受賞歴のあるソーセージ、人気のミートパイなどを買うことができます。

乳製品

酪農業には、安定した雨量と優良な牧草地、質の良い家畜、そして人間の創造力が求められます。タスマニアでは、オーストラリアの乳製品コンテストを総なめにするグルメチーズ100種以上を含め、幅広い種類の乳製品を供給しています。また、粉ミルクや調製粉乳も世界トップの安全性を誇ります。

野菜

タスマニアは、オーストラリアから輸出される野菜の25%を産出しています。主力製品はじゃがいも玉ねぎにんじんですが、農業経営の手法は様々であり、多様化が進んでいます。穀物の主要品目は大麦、小麦、オートムギの3種です。かぼちゃそばわさび朝鮮人参など新しい作物の栽培にも、短期間で順応することに成功しました。地元で採れるわさびなどの農作物に付加価値を与える方法も開発されています。タスマニア産の黒トリュフは、フランスやアジアに輸出されています。

果物

主力輸出品となったチェリーには、近年になって日本の品種であるさくらんぼも加わりました。りんごは幅広い品種を栽培しており、赤い縞が目印のふじりんごもその1つです。そのほかにも、洋ナシアプリコット、様々なベリーも生産されています。クルミ は特にドイツ向けの輸出品として広く栽培されてきましたが、ヘーゼルナッツの栽培も増えてきました。

魚介類

タスマニアはシーフードがおいしいことで知られており、漁業による収益はオーストラリア内で第1位です。

タスマニアの主なシーフードは、生またはスモーク加工をして販売されるサーモン、様々なサイズがそろったアワビ、身に甘みのある伊勢海老ニジマスカキムール貝ホタテ、スモークウナギイクラウニオオタマビキ貝タスマニアオオガニナマコタコイカです。ハマグリ海藻のワカメは高級食材店へ送られます。深海からも、クロマグロ、キハダマグロメダイホキピンクリングなどの魚が獲れています。

天然魚資源については、必要な場合は漁獲割当によって保護されています。南の海で採れる、赤い殻が特徴のグルメ食材伊勢海老は、現在漁獲割当やサイズ制限、定期的な漁獲禁止期間により保護されています。伊勢海老のほとんどがアジア諸国に輸出されています。

急速に拡大しているアトランティックサーモン事業は、2007年に初めてほかの漁業品目の売り上げを超えて以来、堅実な成長を続けています。タスマニアでは持続可能な養殖事業に力を入れており、養殖における多くの分野で世界トップの地位を確立しています。

養殖

タスマニアは、世界クラスの養殖技術、高度な品質保証システム、そして輸送システムを発展させてきました。優秀な研究所も運営されています。主な養殖品種はアトランティックサーモンニジマスマガキムール貝などです。

天然アワビ

タスマニアは、世界で産出される天然アワビの25%を担う、世界一のアワビ生産地です。汚染の問題もなく、乱獲防止措置もとられています。大きなブラックリップアワビやグリーンリップアワビは、温度が低い水のきれいな海でダイバーによって収穫されていますが、近年成長しているアワビ養殖事業からも小ぶりのものが採れるようになりました。アワビサーモンの次に重要な品種です。そのあとには伊勢海老タスマニアオオガニマガキムール貝タコイカが続きます。

「ひとかけらの上質なブルーチーズにレザーウッドハニーをかける。私がタスマニアで発見したピュアな味をどんな言葉よりもうまく伝えてくれる、シンプルかつ最高のデザートだ」

-和久田哲也

ハチミツ

温帯雨林で収穫される、香りのよい、風味豊かなレザーウッドハニーは、世界中で愛されています。主な生産者の1つがオーガニック認証を取得しました。牧草地で収穫される天然ハチミツは、様々な薬効で知られるマヌカハニーとともに広く販売されています。

閉じる

飲料 さらに詳しく見る

汚染がほとんど見られない南洋に面しているタスマニアは、世界で一番雨水がきれいな場所であると言われており、ボトル詰めして世界中に輸出されています。このきれいな水が、数々の国際アワードを受賞しているタスマニア産飲料の秘密なのです。冷涼な気候が生むテーブルワイン、世界クラスのシングルモルトウィスキー、丁寧に醸造されたビール、爽やかなサイダー、温暖な気候の恵みを受けたフルーツ飲料など、あらゆる需要に応え、期待を超えるビジネスがタスマニアにはあります。

「私は主なウィスキー生産国だけ地図を掲載していますが、タスマニアのウィスキーは、タスマニア州だけの地図があってもいいほど成長してきています」

–ジム・マレー 『Whisky Bible』(ウィスキーバイブル)著者

ウィスキー

2014年、ロンドンで開催されたワールド・ウイスキー・アワードで、タスマニアのシングルモルトウィスキーが 1位に輝いたとき、ウィスキー界に衝撃が走りました。この時までに、すでにタスマニアの4つの蒸留酒製造所が、『Whisky Bible』でリキッド・ゴールドを獲得していたのです。タスマニア州は、ウィスキーをスコットランドに輸出しているだけでなく、スコットランドにおける小規模蒸留酒製造所の建設のサポートもしており、その技術の高さは国際的にも高く評価されています。1993年に生まれたウィスキー産業を支えるのは、手作業による小規模の蒸留酒製造所、高級麦芽用オオムギ、良質な水、そして地元で採れるピートです。

そのほかの蒸留酒

ウィスキーのほかにも、タスマニアでは、ジンラムリキュール、そしてアメリカで開催された国際イベントでベスト・イン・ショー・アワードを受賞したウォッカなども生産しています。

ワイン

タスマニアのスパークリングワインは南半球トップの品質と言われています。オーストラリアのワイン生産地としては最も古く、冷涼な気候が生むワインは特にスパークリングワインピノ・ノワールで知られ、その質の高さは他のどの生産地にも負けません。

タスマニアで栽培されている白ワイン用の品種ではシャルドネリースリングが最も多く、特にシャルドネはワールド・ベスト・アワードを受賞しています。主に職人たちの技によって支えられているタスマニアのワイン生産は、繊細な香りと品種独特の風味が魅力のテーブルワインを基礎に、この数十年間で着実に成長してきました。2013年のブドウ園の数は230か所、その総面積は1,400 haにまで達しました。もっとも収穫の多かった2013年には11,392トンを記録しています。

タスマニアワインの原料となっているブドウは、ヨーロッパの有名なワイン生産地と似た気候で育てられています。比較的涼しい夏と長い秋がブドウを成熟させ、ワインにブドウ本来のエレガンスと濃厚な風味を与えるのです。

タスマニアの冷涼な気候が生むブドウは、特にスパークリングワインに使われるピノ・ノワールシャルドネはオーストラリア内で最高の値段で取引されています。タスマニア産のブドウは、過剰供給の年にも売れ残ることはありません。オーストラリア国内だけでなく、スイス、中国、アメリカ、フランス、ベルギーなどから投資先として人気を集めています。

ビール

世界品質のホップ、地元で採れる上質な大麦、そしてきれいな水が、常に進化し続けているタスマニアのビール醸造の秘密です。タスマニア産ビールはオーストラリア国内のプレミアムビール市場での地位を確立しており、オーストラリアの歴史の中で最も受賞歴が多いと言われる醸造所もあります。最も規模の大きいCascadeとJames Boag & Sonsのほかにも、小規模の醸造所が多く活躍しています。

「タスマニアで、本当に平凡なワインなどつくられているのだろうか。これまで1つとして出会ったことがない」

–ジャンシス・ロビンソン 世界的ワインジャーナリスト

サイダーフルーツ飲料

かつては新鮮なリンゴの産地として知られていたタスマニアですが、今ではこのリンゴを使ったオーガニックサイダー洋ナシサイダーなど、上質なサイダーの産地としても知られるようになってきました。Cascadeは大規模な生産者ですが、数々の小規模醸造所も進出してきています。また、水で薄めて楽しむフルーツ・コーディアルジュースソフトドリンク、混合飲料なども生産されています。

西からタスマニアに移動してくる雨雲は、非常に純度の高い水を含んでいます。この雨雲は、汚染の激しい大陸の南にある、「吼える40度線」として知られる偏西風地帯を通ってタスマニアの西にある山脈にぶつかり、ここで雨を降らせます。この雨水が、雨水産業とミネラルウォーター産業の原料になります。キング島で生産されている「Cloud Juice」がヨーロッパに輸出されているほか、多くの飲料水が国内外に届けられています。

閉じる